<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

顔面神経麻痺1

鍼灸適応症は?
鍼灸治療の適応となるのは末梢性の顔面神経麻痺(ベル麻痺、ハント症候群、一部の外傷性麻痺)になります。

末梢性顔面神経麻痺の約7割を占めるベル麻痺を発症する前後に、耳後(顔面への運動神経が通る箇所)の痛みを訴える方が多いです。

このことからも分かるように、顔面神経の走行部位の筋肉の凝りが神経への血流を阻害し、麻痺に影響を与えていることは間違いないようです。

これらへのアプローチとして病院では服薬等により、血流の改善を目的とした治療を行うのが一般的です。

目的は同じくしながら鍼灸治療の特価している点は、原因部位の筋肉を選択的に弛緩させ、即効で血流改善させることが可能なところです。

麻痺が発症して間もない頃、いち早く耳後の筋肉を弛緩させて首の運動制限を改善させることで神経の回復に良い結果が得られています。

発症が見られましたら、まず病院を受診して中枢性麻痺の疑いをなくしてから一日でも早く鍼灸治療を開始されることをお勧めいたします。

続きを読む >>
小泉智裕(こいずみともひろ) * 鍼灸での治療例 * 15:30 * - * - * pookmark

顔面神経麻痺2

顔面神経麻痺1の続き

症例1

40代女性。1週間前から右末梢性顔面神経麻痺。

右舌の痺れ、口角偏位、閉眼わずか、うがい出来ず。

耳鼻科にて麻痺評価8点

鍼灸治療開始から1ヵ月半(11回治療)にて38点まで回復し、治療終了。

 

症例2

40代男性。10日程前から左末梢性顔面神経麻痺。

医院での麻痺評価16点。

鍼灸治療開始から20日(4回治療)にて鏡を見た本人の自覚にて違和感なし。

以後、体調管理で治療を継続。

続きを読む >>
小泉智裕(こいずみともひろ) * 鍼灸での治療例 * 16:23 * - * - * pookmark

顔面神経麻痺3

顔面神経麻痺2の続き

症例5

50代男性。3週間前から右末梢性顔面神経麻痺。

発症時20点→入院し点滴、退院後の現在16点との診断。

鍼治療開始から3週間後(8回目)21点。

急速には改善せず7ヶ月治療を継続して31点。


症例6

60代女性。4日前から右末梢性顔面神経麻痺。

発症時から首から耳、即頭部にかけて酷い痛みが続いている。

味覚も消失。運動できる箇所が殆どみられない。

治療開始から50日で表情・味覚共ほぼ回復した。

腰痛等の副訴で通院継続。
続きを読む >>
小泉智裕(こいずみともひろ) * 鍼灸での治療例 * 16:25 * - * - * pookmark

顔面神経麻痺4

顔面神経麻痺3の続き

症例8

S.S様 女性。17日前から左末梢性顔面神経麻痺。

うがいすると口から水が漏れる。

ストローで飲めない。

リップをぬると顔が大きく右側に引っ張られる。

9日間入院しステロイド点滴、ブロック注射等を受けたが改善なし。

病院にて入院前と同じ10点との診断。

2回目(3日)初診術後から動きやすくなってきた。

初診翌日、病院にて16点へ改善の診断。

4回目(2週間)32点との診断。

1ヵ月後 ほぼ改善40点満点。こわばり感のみ気になる。

S.S様の手記
小泉智裕(こいずみともひろ) * 鍼灸での治療例 * 16:28 * - * - * pookmark

腰痛・坐骨神経痛1

症例1

10代男性。一週間前、クラブ活動のラグビーにてタックルを受けてから左腰痛。

回旋と前屈時にひどく痛む。

鍼灸治療一回目の終了後、痛みなし。


症例2

30代女性。昨日から左腰痛、左腹部痛、左股関節痛、安静時にも痛む。体温37.2℃。

1回目の鍼灸治療終了後、痛みに変化なし。所見より医院にて検査を受けることを奨めた。

2回目、腰椎椎間板ヘルニアとの診断を受け、鍼灸治療継続。

3回目、痛みは大分良い。左腰一点のみ痛む。

7回目、痛みなし。しかし、まだ心配だとの事。しばらく経過観察として治療継続。

続きを読む >>
小泉智裕(こいずみともひろ) * 鍼灸での治療例 * 16:29 * - * - * pookmark

腰痛・坐骨神経痛2

腰痛・坐骨神経痛1の続き

症例5

40代男性。一昨日より右腰痛。

1回目の鍼灸治療終了後、やや改善。

2回目、まだ6割程度の痛みがある。

5回目、痛みなし。


症例6

30代男性。3週間前より左腰痛。

先週より腰痛悪化、左大腿部も引きつり座れない。

1回目の鍼灸治療終了後、痛みなし。

続きを読む >>
小泉智裕(こいずみともひろ) * 鍼灸での治療例 * 16:32 * - * - * pookmark

腰痛・坐骨神経痛3

腰痛・坐骨神経痛2の続き

症例9

40代男性。二週間前から腰椎椎間板ヘルニア、左腰下肢激痛で入院中。

全く症状に改善がみられないため病院から無理やり外出してきた。

座薬、注射等の効果なく付き添いの方の介助を受けて来院。

1回目の鍼灸治療終了後、歩行できるようになる。

2回目、前回の治療翌日に退院し、まだ1割ほど痛みが残る。

3回目、左に体重をかけるとやや痛む。今日はバイクで来院された。


症例10

60代女性。腰椎脊柱管狭窄症。

左腰痛、左臀部から大腿部にかけて痛み・痺れる。歩行出来ない。

1回目の鍼灸治療終了後、やや改善。

2回目、術後は良かったが、また痛む。

5回目、歩行できる距離がのびてきた。

15回目、10分程度は歩けるようになった。

続きを読む >>
小泉智裕(こいずみともひろ) * 鍼灸での治療例 * 16:34 * - * - * pookmark

腰痛・坐骨神経痛4

腰痛・坐骨神経痛3の続き

症例12

1年前から右腰から臀部にかけて痛む。

一時改善傾向だったが1ヶ月前から悪化、動作時に痛む。

1回目治療終了時で痛みなし。


症例13

3週間前から腰痛。

全ての動作時に痛むが特に前かがみがつらい。

何件かの医院、整体、カイロなどに通ったが変化なし。

慢性肩こりで上を向くとつらい。

1回目治療終了時  腰・首肩とも痛みなし。

2回目(3日目) 左臀部に違和感があるのみ→術後なし。

小泉智裕(こいずみともひろ) * 鍼灸での治療例 * 16:36 * - * - * pookmark

頭痛1

現在医学的な頭痛の分類

頭痛には大きく分けて二つ、悪性のものと良性のものがあります。

脳などに器質的異常が診られて発症する「二次的頭痛」(悪性)と、身体に器質的異常がみられず慢性的に繰り返す「一次的頭痛」(良性)に分けられます。

一次性頭痛とは、いわゆる「頭痛持ち」といわれる慢性頭痛のことで、激しい痛みでも命に関わるようなものではありません。

反復して起きる慢性の頭痛で、悪性のものは滅多にありません。

鍼灸治療の効果を発揮できるのは一次的頭痛になります。

続きを読む >>
小泉智裕(こいずみともひろ) * 鍼灸での治療例 * 16:37 * - * - * pookmark

頭痛2

頭痛1の続き

緊張型頭痛
…時々、徐々に始まる頭痛。

後頭部から首筋にかけての頭痛です。

頭全体やハチマキ状に痛む場合もあり、主に両側性の持続した痛み。

肩こりを伴うことが多い。

痛み方は「頭が重い」「絞め付けられる様」と表現される。

続きを読む >>
小泉智裕(こいずみともひろ) * 鍼灸での治療例 * 16:41 * - * - * pookmark
このページの先頭へ